2014年凱旋門賞に出走する日本馬3頭を運命の泉が紹介

凱旋門賞出走の日本馬 2014

選勝でこれまでも注目してきた凱旋門賞。
ついに出走の時が近づいてきました。

 

 

凱旋門賞出走予定の日本馬を改めて紹介しておこうと思います。
(個人的なイメージも多いです)

 

 

 

 

ジャスタウェイ

 

現在世界ランキングトップの馬
距離別では、ディープインパクトなども輝いたことがありますが、
全ての距離で単独で選ばれたのは、この馬が日本で初です。

 

 

昨年の秋の天皇賞で急に本格化して、そこからの競馬は圧勝続きです。
前走の安田記念では馬場に泣かされましたが、なんとか勝利をしていますし、ドバイDFでは、海外の猛者を相手に1頭だけ違う競馬を見せました。

 

この馬の強みは圧倒的なラストのキレになります。
別の距離の競馬でもしているんじゃないとか思うほどの末脚になりますし、先行する事もできる強みもあります。

 

唯一の心配は距離です。
マイル前後では強い競馬をしますが、2400mでは実績がありません。

 

馬場は、ドバイで海外の馬場でも問題ないところをみせてくれたので、心配はしていません。
距離が持てば、一番楽しみな馬だと思って居ます。

 

 

 

 

ハープスター

 

3歳牝馬で、桜花賞馬。
オークスでは圧倒的な1番人気でまさかの2着でした。
蹄鉄がはずれかけてたアクシデントで負けたと言われています。

 

 

この時期の牝馬で、海外挑戦は強気の一言に尽きますが、斤量面で凱旋門賞では、
一番有利だと言われいてる3歳牝馬の強みを生かして、ロンシャン競馬場で伝説を作ってくれると思っています。

 

最後の直線は非常に長いので、ポジション取りが問題になります。
内に包まれたら終わりで、なかなか外にポジションを取らせてくれません。
逆に外を周ると距離のロスで、最後の直線で弾けないかもしれません。

 

目標を作って上手く追い込めれば楽しみなレースになります。
馬場適性は、ハッキリ言ってあまり向いているとは思っていません。
克服して怪物牝馬伝説の一つにしてほしいところです。

 

 

 

 

ゴールドシップ

 

個人的には、一度ヨーロッパで走るところを見てみたかった馬の1位です。
キレではなく、追えば追うだけ伸び続けるイメージがあり、ヨーロッパタイプの馬だと思っています。
重い馬場も物ともせず伸びてくれるのでは?と個人的にはかなり楽しみにしています。

 

脚質にも幅があり、相手ナリに動ける強みもあると思いますし、マークもあまりされないと思いますので、一発が期待できると思っています。

 

 

芦毛は非常に目立つので、直ぐにゴールドシップを見つけることができると思います。
前走の札幌記念でハープスターに敗れた悔しさを本番ではらしてほしいです。

 

 

 

 

3頭とも期待ができると思うので、直線でどの馬を観ていればいいのか悩みそうですが、外国のライバル馬も非常強いですのですばらしいレースになると思います。

 

※凱旋門賞でライバルになるであろう外国馬はこちらで紹介しています。
凱旋門賞日本馬のライバル
2014凱旋門賞のライバル馬