3頭の挑戦で期待されていた凱旋門賞の結果を運命の泉が報告します。

トレヴの連覇!日本馬は惨敗

日本から挑戦した3頭は敗れてしまった。

 

ゴールドシップは先行するかと思われたが、行き脚がよくなく、最後方からになり、ハープスターはいつも通り後ろから2頭目のポジション。
ジャスタウェイは後ろ4頭目のポジションになった。

 

 

ロンシャン競馬場は、仮柵がはずされて内も有利になっていた。
勝ったトレヴは内枠の5番手を追走していた。

 

 

結果的にポジション取りの差が出たと言ってもよいと思う。
道中でクチを割るようなしぐさをしながらなので、強さは本物だった。

 

今年に入って未勝利なのがウソのようだった。

 

 

ジャスタウェイは最後の直線で内から伸びようとしたが、結構狭い状況で、自分の競馬ができていないように思った。
ゴール板を過ぎる時の脚は、結構よかったので、距離が問題だと思わない。

 

ポジションと狭い所で競馬させたのが問題だったかもしれない。

 

 

ハープスターは、いつも通りの競馬でいつものように大外から直線の競馬にかけた。
良く追い詰めていたが、それでも6着になるのが精一杯に感じた。

 

個人的には距離はもうちょっと短い方が良いと思う。
普通に走れるがベストだとは思わない。

 

 

ゴールドシップは、先行できなかったのがすべてだったと思う。
一番後ろのポジションだったのだから、脚は十分に溜まっていたはずだが、他を圧倒するような末脚はみせられなかった。

 

これを見ると馬場があまり合わないのかな?と思ってしまった。
あるいは、内の馬場が良すぎたため、脚色に差が出なかったので、後ろからの競馬はフリ過ぎたのかもしれない。

 

 

今年は特に期待ができると思っていただけに、この敗戦は非常に残念だと思う。

 

 

今後の凱旋門賞挑戦へ必要なこと

 

選勝ブログが推奨するのは、やはり本番の前は昨年のオルフェーヴルやキズナのようにロンシャンで1戦叩く方がよいということだ。

 

 

海外遠征に慣れていない日本馬は特にそう思う。
あとは、今回の騎乗をみると地元のジョッキーに騎乗依頼した方がと思われてしまっても仕方ない競馬になってしまったのも残念だ。

 

 

私は基本的には、それまでの主戦ジョッキーが乗るがベストだと思いますが、今回のようなレースを見せられると
「外国人騎手が騎乗していたらどうなっていたのだろう?」
と考えてもしょうがないタラレバを考えてしまいました。

 

コースを下見したりといろいろジョッキーも工夫はしていたと思うけど、このレースの騎乗経験が少ない騎手が
レースで人気馬に騎乗したら簡単にはポジションをとらせてもらえなかったり、他の騎手の癖で内が空きやすい
などの情報なども劣るのはあきらかなのかもしれません。

 

 

特に今年のレースをみせられると、騎乗の仕方によってはこんな着順にはならなかったと思います。
騎手にはよい経験にはなったと思いますが、来年挑戦してもフランスでの経験不足と外国人騎手との
対戦の少なさから思ったほどのスキルアップは期待できないと思います。

 

 

反対派の私ですが、逃げ馬や先行馬以外は、凱旋門賞などに限り前哨戦を現地で行い
そのレースから外国人騎手で挑み、本番もお願いするようにしないと勝つの厳しいのかもしれないと
思い始めてしまいました。

 

最後に私はフジテレビで観戦していたのですが、何なんでしょうかあの実況は?
レースを実況するのではなく、日本馬だけにしか注目していない実況。

 

ゴールまでどれくらいかまでもわからず、
気付いたらいつの間にかトレヴがゴールしているという最悪な状況。
とても楽しめる感じではありませんでした。
もう少し考えた放送をしてほしかったです。非常に残念です。

 

 

やはり世界一の壁は厚かったですが、来年以降も挑戦を続けてぜひ勝利するような馬がでることを願っています。

関連ページ

凱旋門賞出走の日本馬3頭のおさらい 2014
初の3頭挑戦となった凱旋門賞に挑戦する日本馬
2014凱旋門賞のライバル達 オーストラリア エクト トレヴ※動画あり
2014年凱旋門賞のライバル達
凱旋門賞2014の日本のライバル馬 タグルーダ・アヴェニールサーテン※動画あり
2014年凱旋門賞日本馬のライバル紹介
オルフェーヴルまたしても2着 2013凱旋門賞結果
2013年の凱旋門賞の結果!
凱旋門賞で有力馬トレヴ騎乗のデットーリが骨折で騎乗できない
凱旋門賞2013 直前情報
凱旋門賞へ向けて好発進のオルフェーヴルとキズナ
世界最高峰レース凱旋門賞挑戦!
ジェンティルドンナが凱旋門賞を回避へ
世界ナンバー1レースの凱旋門賞をジェンティルドンナが回避へ