イスラボニータの次戦が決まりました。秋の天皇賞だそうです。

イスラボニータはルメール騎乗で秋天へ

得意の左回りと守備範囲で得意な距離の秋の天皇賞挑戦を決定しました。

 

そして、乗り代わりも発表されました。
今までの主戦騎手の蛯名騎手からクリフトフ・ルメール騎手に代わるようです。

 

ちょっと納得がいかない乗り代わりに感じてしまいます。
秋の初戦も見事な勝利で、ケチの付けようもなかったと思います。

 

ダービーは敗れましたが、それ以外はほぼ完璧だったと思います。

 

 

やはり社台が馬主に関わるとすぐに外国人ジョッキーに代わってしまいます。
これでは、頑張って結果を残してきた騎手が可愛そうにすら思ってしまいます。

 

 

今週末に行われる凱旋門賞は、社台が絡んでないからなのか、全て日本人ジョッキーで出走します。
結果を残せなくての乗り代わりなら納得しますが、今回のような場合はちょっと興ざめです。

 

 

本人がフェノーメノに乗りたいとかならしょうがないですが、そんなこともないと思うので非常に残念です。

関連ページ

香港国際競走への予備登録馬
近年注目を集めるようになってきた暮れに行われる香港のGTレースの登録馬を紹介