注目の大井大賞典の有力馬情報

国内最後のGT 2014大井大賞典

大井競馬場で開催される地方交流レースの最終戦の大井大賞典
毎年JRAの有力馬も多く出走する、地方交流レースでは、トップ3に入るレースで、日本の競馬の2014年は幕を閉じます。

 

 

地方交流レースは、ほとんどJRAの馬達の争いになり、地方馬とは大きな実力差があります。

 

たまに、アジュディミツオーメイセイオペラアブクマポーロフリオーソなどJRAの馬も蹴散らすような馬も極稀に誕生しますが、そのような時は非常に盛り上がります。

 

 

残念ですがここ数年はそのような馬が誕生していません。

 

 

今年も上位はJRA所属の馬達の独占になると思います。

 

チャンピオンズCを勝ったホッコータルマエが大本命で、案外な負け方をしたコパノリッキーもここでは逆襲する可能性は非常に高いと思いますし、大井競馬場の帝王賞で素晴らし競馬をしたワンダーアキュートも逆転の可能性も十分だと思います。

 

 

馬券を買いに行けないのが残念でしょうがないです。
ワンダーアキュートから購入したい。
ぜひともチャンピオンズCのリベンジをしたい・・・

 

 

 

基本的には、レースの展開は決まっています。
JRAの有力馬達が、1〜5番手ぐらいまでを独占する展開で進み、直線でもその馬達の争いになるんです。

 

ワンダーアキュートなんてJRAでは、後方からレースをしますが、地方でそのレースをすると勝ち負けには絶対にならないので、2,3番手を追走して、ライバルとだけの戦いになります。

 

 

今年は、なんとアメリカからの挑戦馬がいます。
ソイフェットという馬がチャレンジします。

 

これで好結果が生まれれば、来年以降も挑戦しようと思う馬も出てくるかもしれません。
何せアメリカのレースとは賞金額が違いますから魅力的だと思いますし、パワーのいるダートで向こうの馬にはチャンスもあると思います。

 

 

今後は日本の国際レースと言えば、大井大賞典ってことになれば面白いんですがね!
今日の16時30分発走ですので、ご覧になれるかたはチェックしてみてください!

関連ページ

ジャパンダートダービーの結果
3歳馬のダートの最高峰ジャパンダートダービーの結果