運命の泉がその週に行われる注目のレースについて熱く語ります。

注目レース記事一覧

宝塚記念はラブリーデイが勝利ゴールドシップはまさかのブービー

まずは今週の予想が発表できなかったことをお詫びします。私ごとなのですが、トラブルが起きまして土曜日まで急がしくしておりました。ちなみに予想をするなら、本命はゴールドシップで対抗がラブリーデイで3番手がカレンミロティックの順番になっていたかなと思います。さてレースの結果ですが、勝利したのはラブリーデイ...

≫続きを読む

エイシンヒカリが逃げ切り勝ちで連勝 エプソムC2015結果

今年の上がり馬として注目されている2頭が出走していて注目されていたエプソムCは、2番人気だったエイシンヒカリが勝利しました。大逃げしたり大きく斜行したりと何かと話題を振りまいてきたエイシンヒカリと、2歳時から世代のトップクラスと戦ってきて期待されていたサトノアラジンが出走しました。サトノアラジンは、...

≫続きを読む

安田記念出走予定のモーリスはどれくらい強いのか?

ダービー卿CTで衝撃の競馬をして一気に安田記念の有力候補になったモーリス!現在は3連勝中だが、前走でようやく重賞を勝利したばかりで、この馬がどの程度まで強いのかは測りかねるところがある。確かに強い競馬だったが、今回の安田記念では相手のレベルが格段に上がる。本格化したのが今年に入ってからで、強い相手と...

≫続きを読む

ルージュバックのリベンジの可能性

桜花賞では、圧倒的な1番人気に推されたルージュバックだったが9着と思わぬ展開になり惨敗した。敗因はいろいろ言われているが、もっとも苦戦したのがスローペースでの位置取りだったと選勝では推測している。逃げ馬が最後の3Fを33.5秒で駆け抜けるというスプリントGTでもなかなかありえない展開を中団よりやや後...

≫続きを読む

復活か?それとも勢いか? ヴィクトリアマイル2015

今週行われるヴィクトリアマイルの本命になりそうなのは、ヌーヴォレコルトだと思われます。昨年は、最近引退してしまったがハープスターを破ってオークスを制して、秋には秋華賞と古馬牝馬との戦いエリザベス女王杯のGTで連続2着と牝馬どうしでは、強さをみせていた。今年の初戦も中山記念で牡馬を蹴散らして勝利してお...

≫続きを読む

年の初めは金杯から!2015年の初重賞の結果

新年明けましておめでとうございます。今年も1年選勝の競馬ブログをどうぞよろしくお願いします。2015年の競馬界は既にスタートしています。今年は早いですね!そして本日も競馬はあります。多くの人は、仕事がスタートして観ることはできないと思いますが、PATなどで購入はできるので、もしかしたらそわそわしなが...

≫続きを読む

有馬記念が引退レースになる活躍馬達

今週で今年の競馬が終わりになり、選勝ブログもすこし間お休みになりますが、有馬までは頑張ってお届けしようと思っています。そして、この有馬記念が引退レースになる馬達が4頭もいます。その馬達を紹介しようかとおもいます。まずは、史上初のジャパンカップ連覇を達成したジェンティルドンナ今年に入ってから成績が非常...

≫続きを読む

面白い馬のエイシンヒカリが5連勝

ここまで5戦5勝で全て逃げての勝利。エイシンヒカリはこれからは、もっと注目を集めるはずです。まだまだ子供って感じがしますが、とても楽しみな3歳馬です。今の所2着以下に2馬身以上の差をつけての勝利で、注目が集まります。ディープインパクト産句で、1800mと2000mを走っています。特に先週のアイルラン...

≫続きを読む

伝統のトライアルレース神戸新聞杯

今週は菊花賞トライアルの中でも、優勝馬を一番多く輩出している神戸新聞杯がおこなわます。距離も2400mと長いので、菊花賞にはもってこいだし、競馬界は基本的に西高東低になっているので、有力馬は、輸送で負担の少ない神戸新聞杯を使います。今年は変則開催で中山競馬場ではなく、新潟競馬場だったため、セントライ...

≫続きを読む

2強対決はどちらが有利?札幌記念2014

今週の競馬の注目は札幌記念の2頭の対決に集中していると言ってもよいかもしれません。馬券以外での注目って意味ですが、この戦いは非常に楽しみです。力関係がどうなのかなど注目点が多いのがこの2頭の対決の楽しみなポイントになります。古馬の5歳牡馬のゴールドシップ3歳牝馬のハープスター元々は追い込み馬(まくり...

≫続きを読む

凱旋門賞を意識したハープスターとゴールドシップが参戦

今週の札幌記念は注目を集めている。今年の3歳馬の中でも牡馬を含めてナンバー1の注目馬のハープスターと宝塚記念を2連覇したゴールドシップが参戦するからだ。そしてこの2頭は共に凱旋門賞挑戦のステップレースとしてこの札幌記念を選択しているからだ。あまり恥ずかしい競馬はできない2頭は、結果が酷すぎると挑戦断...

≫続きを読む

アジアエクスプレスがまさかの大敗

選勝|注目レースのユニコーンS昨年の2歳チャンピオンが得意のダート戦線に復帰するとあり、注目を集めていたユニコーンSだったが、アジアエクスプレスがまさかの大敗をしてしまった。スタートは五分に出て、中団の内側を追走していて、手応えも悪くは感じなかった。直線に向くと前が壁になっていたが、少しずつバラけ初...

≫続きを読む

今週はGTの秋華賞!

選勝|注目レース今週はGTの秋華賞が行われます。ですがあまり乗り気ではないのが正直な気持ちです。今回のレースで注目される有力馬達のほとんどはローズSに出走していました。前回で全ての力関係が決したとは思っていませんが、面白さが半減してしまったのは事実だと思います。ローテーションの関係や、有力馬が関西馬...

≫続きを読む

今週の注目レースの毎日王冠

選勝|注目レースこんにちは、今週の注目レースと言えば凱旋門賞です。そうなんですが、今日は毎日王冠のメンバーについて書きたいと思います。凱旋門賞については、明日にでも時間があればご紹介したいと思っています。凱旋門賞直前情報さて毎日王冠ですが、わずか11頭の登録と凄く寂しい感じになっています。このレース...

≫続きを読む

2013 豪華メンバーのローズS

選勝|注目レースこんばんは、今週は秋華賞のステップレースのローズSがあります。まさに本番さながらのメンバーが多く登録してきました。オークス馬のメイショウマンボオークス2着のエバーブロッサムオークス3着のデニムアンドルビー桜花賞2着のレッドオーヴァル昨年の2歳チャンピオンのローブティサージュオークスの...

≫続きを読む

2013セントウルS出走予定のロードカナロアについて

選勝|注目馬紹介今週の注目レースはセントウルSになると思います。その理由は、ロードカナロアが出走するからです。先日このブログでの少し紹介しましたが、今日はもっと踏み込んで紹介していきたいと思います。ロードカナロアの父はキングカメハメハです。父の現役時代の活躍をみていると、こんな短距離馬が産まれるとは...

≫続きを読む

大物の予感が感じられたハープスター

選勝|注目の馬先週の予想のレースには選ばなかった新潟2歳Sですが、1番人気になっていたハープスターがもの凄いレースを見せてくれました。このハープスターは、ディープインパクト産句の牝馬で、母親も良血です。母の父はファルブラヴで母母は、桜花賞、オークスを勝ったベガです。母は、未出走でしたので輝かしい成績...

≫続きを読む

今週の重賞は函館記念

選勝今週の注目レース函館競馬場で行われるこのレース。一番注意しないないといけないのが、函館競馬場への対応能力だと思います。競馬場によってそれぞれ芝が違ったりする。東京、中山、阪神、京都の主要な競馬場にはあまり差は無いと言ってもいいとおもいますが、特に変化があるのが、北海道にある競馬場の函館、札幌競馬...

≫続きを読む

宝塚記念の有力馬紹介 その3ゴールドシップ

有力馬最後の一頭になりましたが、今日はゴールドシップをご紹介したいと思います。前回のフェノーメノと同じ4歳馬です。最近では珍しい芦毛の馬です。レース中でもとても目立つので、軸馬にしている人は、目で追うことが簡単で見るには最適の馬です!昨年の最優秀3歳牡馬に選ばれた馬です2歳の頃から活躍して、連続で重...

≫続きを読む

宝塚記念の有力馬紹介 その1ジェンティルドンナ

こんにちは、今週は注目のドリームレースの宝塚記念の有力馬を紹介していこうかと思います。まずは1番人気が予想されるジェンティルドンナから紹介していきます。選勝の本命予想には間違いなく入ってくる馬だと思います。昨年の3冠牝馬で、ジャパンカップも勝ち昨年度の年度代表馬に選ばれました。ジャパンカップでは、現...

≫続きを読む

宝塚記念の有力馬紹介 その2フェノーメノ

こんにちは、今日は昨日に引き続き宝塚記念の有力馬の紹介その2です。その1のジェンティルドンナはこちらからどうぞ!取り上げるのは、昨日のジェンティルドンナに続きフェノーメノです。この馬の特徴は、大の東京競馬場が得意というところだと思います。左回りがいいのかもしれません。今流行のステイゴールド産句で、昨...

≫続きを読む

今週は第150回 天皇賞(秋)注目馬を運命の泉が紹介

過去に何度も名勝負を繰り広げてきた天皇賞(秋)まさに、GTシリーズって感じがするレースの一つで、様々な馬に運命のいたずらがもたらされました。メジロマックイーンの降着や、サイレンススズカの故障、ウオッカとダイワスカーレットの歴史的僅差の写真判定など、簡単に思い出せるだけでもいくつもあります。そんな伝統...

≫続きを読む